今日も冷たいアイツ。

ブログやるならJUGEM
<< MS脆弱性研究チーム、109種のソフトウェア脆弱性を発見 | main | FIT法案は再生可能エネルギー導入の起爆剤となるのか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
PR: ITエンジニアの正社員転職なら「マイナビ転職」


http://rss.rssad.jp/rss/ad/UK2BM6WrEIEU/67SWj5J4Rb25?type=2&ent=383d5b70df447ad717c34eb05a6c2411

「商人に系図なし」という言葉がありますね。
商人出世は、家柄によるものでなく、その手腕によるものだということ。
いい言葉ですね。自分の将来は自分で切り開くって意味ですもんね!!

燕・青木が結婚!26歳美人アナ射止めた!@@

 ヤクルト・青木宣親外野手(27)が、テレビ東京の大竹佐知アナウンサー(26)と結婚することが1日、明らかになった。今オフに入籍する。挙式、披露宴は未定。2年の交際を実らせ、生涯の伴侶(はんりょ)を得たツバメの安打製造機。次は好調のバットでチームを引っ張り、クライマックスシリーズ(CS)進出を目指す。
 球界を代表するヒットメーカーが、これ以上ない究極の安打を放った。

 青木は07年冬に知人の紹介で大竹さんと知り合い、翌08年の春から交際をスタート。結婚を前提とした約2年の真剣交際で最愛の人を射止めた。

 今春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、不動の3番打者としてサムライジャパンの2大会連続世界一に大きく貢献。『ベストナイン』を受賞するなど、卓越した打撃センスは世界からも高く評価された。共に日の丸を背負って戦ったダルビッシュ(日本ハム)、涌井(西武)ら、青木を兄貴分のように慕う選手も多く、日本球界の次代を担う選手に成長した。

 一方の大竹さんは、毎週土曜日放送の『ウイニング競馬』など多くの番組を担当。地方出張など多忙なスケジュールにもかかわらず、青木を支えてきた。

 特に今シーズン前半の青木は、イチロー(マリナーズ、当時オリックス)以来、史上2人目のシーズン200安打を放った05年にブレークして以降、初めてといっていいほどの打撃不振。グラウンド外でも、野球が頭から離れず悩み続ける男を、常に笑顔で献身的に励ました。

 「僕が落ち込んでいるときでも、いつもそばで笑顔でいてくれた」と青木。極度のスランプに陥ったことで、逆に大竹さんがかけがえのない存在であることを強く感じ、結婚を決意した。

 最愛の人の存在が不振を忘れさせ、前半戦の打率.249から一気に3割(1日現在)へ、出塁率はリーグトップの.395へと驚異のジャンプアップに成功。本来の姿を取り戻した絶好調の青木のバットが、激しい3位争いを演じるチームを引っ張っている。

 現在、阪神とクライマックスシリーズ進出をかけたし烈な戦いを続けているため、チームに配慮して結婚の正式発表はシーズン終了後になる見通し。最愛の人がそばにいれば、青木はより大きく飛躍し、さらに進化するはずだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091002-00000003-sanspo-base

野球選手と美人アナ、お決まりのパターンですけど、いいですね。
芸能人同士と違ってそんなに離婚率高くないですしねw
一生一緒にいれば嫌なところももちろんあると思いますが、やっぱり
めでたいですね!おめでとうございます。





PICKUP
税理士事務所の選び方[横浜市]
海外旅行 パワースポットを巡る旅
税理士選びのポイント【大分】
借金問題「新潟市」
CR笑ゥせぇるすまん
特別調停「横浜市」
永久脱毛【アップヘアも自慢】
旭山動物園
ハローワーク 航空旅客係
沖縄の引越し見積もり相場
| whitobat35 | - | 13:59 | comments(0) | trackbacks(1) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:59 | - | - | - | -









http://whitobat35.jugem.jp/trackback/1305
離婚調停の流れと離婚調停解決法
「離婚」するべきか?「離婚相談」はどこに出来るの? 「離婚慰謝料」はいくら?そんな悩みを1つ1つ離婚経験者が教える「離婚必勝マニュアル」です。
| 離婚調停成功マニュアル  | 2011/08/31 11:18 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ